ツイッターで流行する写真袋と合言葉とは?使う際の注意点と自演自作の現状

shashin

 

2014年から『写真袋』・『写真カプセル』というアプリが流行しています。

 

iPhoneやAndroid端末から使えるアプリで、
動画や写真を共有する為のものなのですが、

ツイッター上ではどうもこれらをあまり思わしくない方法で使用したり、
性別を偽って使用する人が増えています。

 

実際に写真袋や写真カプセルを使う人が気をつけなければならない事やどんな事が行われているのかをこの記事では解説していきます。

 

写真袋と合言葉とは?

 

写真袋』・『写真カプセル』はどちらも、写真や画像を合言葉を決めてネット上にアップし、合言葉を知っている人だけがアップしたものをダウンロードできるというアプリです。

運動会や体育祭などが行われた際に、いちいち該当者に送るのが面倒な場合などに、このアプリを使えば、必要な人がダウンロードできるというものです。

 

ただ、合言葉を知っていればいつまでもダウンロードできるというわけではなく、一定の期限が過ぎると、課金しなければ見ることができないという特徴もあります。

スポンサードリンク

 

ツイッターでの危険な使用例

 

ツイッターでは、自分の本名を出さずにいくつでもアカウントが作れてしまうという特徴を利用して、裏アカウントを作成する人がいます。

つまりこれは、男性が女性としてアカウントを作れるので、
女子高生のふりをして作ってしまう事もできてしまいます

 

これを利用して、女子高生や女子中学生の裏アカウントと称して、「自分の入浴中の画像や動画を欲しい人はRT!」とツイートし、自分のアカウントの存在を広めています。

そして、最終的にはアカウントのフォロワーを増やし、
以前紹介した出会いのプロと秘密の関係にあるといい、フォロワーを流すという事も行われていたりします。

Twitterにいる“自称・出会いのプロ”に出会い方を聞いてみた!

 

ただ実際には、中身は男性なわけなので、
RTした所で画像や動画はもらえるはずがなく、実際に貰った人はいないはずですが、残念な事にこれらのアカウントに群がってRTをする人が予想以上に多かったりします。

 

まだこれだけなら、自称・出会いのプロによる女性のふりをした自作自演行為で終わりなのですが、

写真袋に女児のいかがわしい画像を投稿し、2chに掲載した人が逮捕されたという事例が既に出てしまっているので、知らなかったでは済まされないような使い方をするのは辞めましょう。

 

使う際の注意点

 

実際に『写真袋』・『写真カプセル』を使用する際に気をつける事は2つあります。

 

学校の運動会やクラス会などの画像・動画をアップする場合

Twitter上では、誰が見ているかわかりません。

なので、合言葉をくれぐれもツイッター上で教え合わないようにしましょう

 

LINEやDMで言うなど、知らない人が見れないような環境で
教えあうようにしましょう。

 

モラルを違反する使い方

 

実際にどれぐらいの人がどんな風に使っているのか明確な所まではわかりませんが、明らかに犯罪行為となる事は絶対に辞めましょう。

 

ネットだからバレないと思っていたら大間違いです。

ツイッターを使用する際のメールアドレスの個人情報やネットを使う環境、IPアドレスなどから誰がどこで使っているかはわかってしまいます。

 

さらに、自称JCやJKの裏アカウントなどから写真袋の合言葉を教えてもらう為にRTをするのも辞めましょう。

全て確認したわけではないので絶対ではないですが、
もらえる事はありません。

 

それでは、くれぐれも危ない使い方はしないようにしましょう。

 


スポンサードリンク



コメントを残す