ツイッターでGIFアニメが投稿可能に!GIFアニメの特徴とメリット

inu

2014年の6月にTwitter社からGIFアニメのサポートを開始するという発表がされました。(当然、この発表もTwitterの公式アカウントで)

 

最近では、Vineやツイピクなど、様々なTwitterサービスが登場しているので、さらに新しい事が可能になるのかな?

と思って調べてみました。

 

どうやら、Gifアニメで動くアイコンが表示できるようになるそうな・・・

そもそもGIFアニメとは?

 

GIFアニメ』このワードを聞いた事がある人は多いかと思いますが、
じゃあこれは何?と聞かれると実際の所よくわかりませんでした・・。

 

GIFアニメとは一言で表すと、“画像形式の動画”という事になるようです。

つまり、動く画像といった感じで、長い時間の動画には向いておらず、
基本的にはちょっとした数秒の動画が再生される画像という認識です。

ちょっと、ややこしいですね。笑

 

具体的に言うと、下のような2chにある画像だけど勝手に動いているやつですね。

worldcup

(読み込みに多少時間がかかる事があります)

これは、ワールドカップのカメラマンが応援団の中から美女を見つけ、
仕事そっちのけで美女を撮影したというGIFアニメです。

スポンサードリンク

 

ただ、これを聞いた時にあるサービスを思い出しました。

それは、Vineです。

 

これは最大6秒の動画を投稿し見る事ができるというものですが、
ハッキリ言ってあまり変わりはないように感じます。

むしろ、Vineが主流になれば、GIFアニメをわざわざTwitterに投稿する意味は
ありません。

 

VineはTwitterとはサーバーが違うので、いくらVineに動画を投稿しようが、
Twitterが重くなったりすることはありません。

しかし、TwitterにGIFアニメを投稿する事は、
TLの読み込みが遅くなったり、重くなる可能性は十分にありえます。

 

実際に上の画像をサイトにアップした時も通常よりも重く、
時間がかかりました。

 

一時期はこのような理由からTwitter社もGIFアニメは禁止でしたが、
ここでわざわざGIFアニメをサポートしだしたのは、アイコンにも動く画像として使えるからなのかもしれません。

 

TwitterのGIFアニメはmp4!広がる可能性

 

TwitterのGIFアニメはmp4だという事が明らかになったようです。

「GIFアニメとmp4だと何が違うの!?」

という感じですが、どうやらmp4だとGIFアニメよりも滑れかに動画が動き、
容量も四分の一ほどで済む
そうです。

 

さらに、TwitterのGIFアニメは音無しです。

ますます、「Vineで良いのでは・・」

と思いますが、実際にGIFアニメ解禁を受けて
Twitterではどのような反応があるのか調べてみました。

 

 

こんな感じでした。
思ったよりもウケが良いようですね。

 

ただこれは、GIFアニメサポートが始まったばかりなので、
ネットやPCに精通している人達が使っています。

これが周りの人に受ければ、
そこからどんどん広まっていくという感じになるでしょうね。

 

GIFアニメを使って、今までの撮ってきた写真やプリクラをアイコンで動画として動かせるというのが流行ったりすると面白いのかなと思いました。

 

気づいたら、TwitterアイコンはGIFアニメが当たり前!

そんな日が来るかもしれないですね。


スポンサードリンク



コメントを残す